どんな未来も実現できる。
そう信じて、貪欲に挑戦していきたい。

INTERVIEW

2014年入社
技術本部 開発ユニット スペシャリスト

篠田 将彦 Shinoda Yukihiko

常に変化し、常に進化する。
その挑戦心に揺さぶられた。

以前は大阪の会社でエンジニアとして勤務していたのですが、「最先端のITに触れるなかで成長したい」「『一旗あげてやろう』と燃えるライバルと競い合いたい」という思いから、東京で働くことを検討するようになりました。もともと基幹システムの開発を手掛けていたこともあり、DevOpsのエンジニアを募集している企業を訪問。いくつかの会社に足を運ぶなかで、最終的にスカイアーチを選択しました。面接の場では「レガシーコード問題」「技術的負債」の観点から改善策を提案させていただいたのですが、経営陣の方は私の主張を温かく受けとめてくれ「よろしく頼みます」と一任してくださったんです。経験上、コード問題については消極的な会社が多かったため、まだ入社してもいないエンジニアの意見にさえ真摯に耳を傾け、より良い方向に変わっていこうとする姿勢にはとても驚かされました。常に変化し、常に進化する。そんな躊躇なき挑戦心には心を揺さぶられるものがありましたし、「ここでならエンジニアとしてチャレンジングな仕事ができる」と思い入社を決意しました。

難易度の高い依頼を受けるたびに、
エンジニアとしての喜びを感じる。

現在、私は開発ユニットに所属し、社内基幹システムのプロジェクトマネジメントやプログラミングなどを手掛けています。現在は数名のメンバーとともに事務作業の自動化を目指した開発に取組んでいるのですが、自分たちが作り上げたシステムが同僚たちのワークスタイルを変え、やるべきことに専念できる時間を生みだせたと感じられる事にはとてもやりがいを感じています。営業や事務職の方から「以前にも増して作業が楽になった」という言葉をいただけると素直に嬉しいですし、最近では人工知能やビッグデータを活用しなければ実現できないような難易度の高い要求もいただくようになりました。厳しいオーダーは、期待されていることの証。ハードルが高ければ高いほど燃えてきますし、チャレンジングな仕事はエンジニアにとっての力の見せ所です。当社の強みは、社員ひとりひとりの意志を尊重しながら、現場を変えていくボトムアップ型の風土。これからも自身の課題感を発信するなかで、自動化を推進するなかで"時間"と"コストダウン"を生み出し、スカイアーチの競争優位性を高めていきたいと考えています。

多様な個性のぶつかり合いが、
新しいものを生みだす原動力。

スカイアーチを一言で表現するなら、「カオス」という言葉が最適だと思います。当社は教育制度が整っているため未経験の方も採用しているのですが、こうした背景もあってフロアには多様な経歴、価値観を持つ人材があふれかえっているんです。私自身、キャリアに関わらず誰にでも相談するようにしていますし、ときには経験の浅いメンバーの発言にハッとさせられることもあります。サーバー管理会社が「サバ缶」を販売していることもそうですが、多様な個性がぶつかり合いながら、おもしろいことに挑戦している様はまさに「カオス」。全員が同じ考えでは発想も偏りますし、こうした環境は新しいことを生みだす原動力になっていると思います。エンジニアとは、未来を創る仕事。より良い社会、より良い働き方を自分自身の手で生みだすことができます。これから入社される方もぜひ、私たちにはないような経験、発想を臆することなく発信してほしい。そして、自身が望む世界を創造していってください。どんな未来だって必ず実現できる。少なくとも私はそう信じています。

  • 篠田 将彦 Shinoda Yukihiko
  • 技術本部 開発ユニット スペシャリスト
    2014年入社

INTERVIEW

CONTACT