責任を持ってやり遂げたいという思いがあれば
どんな場面でも好転させられる

INTERVIEW

2012年入社
営業本部 クラウド戦略グループ
コンサルタント ソリューションアーキテクト

関 恭裕 Yasuhiro Seki

どれだけ自分が楽しめるかが仕事をする上での秘訣

スカイアーチには新卒採用で入社しています。革新的なIT業界で働いたら面白そうだと思い飛び込みました。最初はテレアポから始まりました。どのように話せば受付が担当者と繋いでくれて、どうしたら担当者は電話を切らずに話してくれるのか、どうしたらアポが取れるのかを考えて実践して試行錯誤を繰り返して、コツを掴んでいきました。とはいえ、ほとんど断られてしまうので、正直しんどく感じることもありました。それでも、ゲーム感覚で取り組んで、どれだけ自分が楽しめるかが仕事をする上での秘訣だと思います。

担当のお客様を持つようになると、お客様が何に悩んでいるか、どんなことをしたら喜んでくれるかを考えるようになりました。お客様との連絡や訪問を重ねる度にお客様と仕事をしているなと実感することができました。

案件を大きくできるかどうかは自分次第

実は、先輩から主要顧客を引き継いでいないんです。なので、今までの売上はほぼ自分で作ってきたという自負があります。導入事例ページでも紹介されていますが、今では大口顧客となっているKDDI様は、もともとSES契約からスタートしているお客様です。運用の契約をいただけるかどうかは全て営業担当である自分にかかっていたので、責任を持ってやり遂げたいと闘志が燃えました。自分がやればやるほど先に進むし、困難も降りかかってきますし、それを打開するのも自分です。お客様に「関さんがいるスカイアーチ」と思わせたい一心で頑張りました。ゼロから開拓して、どのくらい自分が通用するのか挑むところはテレアポと似ていると感じました。ゲーム感覚で1つひとつ攻略していくように楽しみながら取り組んでいます。KDDI様から「auでんき」という大きな案件を頂戴するまで、最初のコンタクトから2年程かかりましたが、自分で最初から最後までやりきったことで、自信がつきました。その頃からありがたいことに、案件やお客様との交流がどんどん舞い込んでくるようになりました。

頼られる存在でありたい
そのためには話しやすい関係づくりが大切

大きな案件をこなしたことで、自分の営業スタイルができました。それは、とにかくお客様と仲良くなること。その為には、お客様にビビらないということと、お客様の考えを決めつけないということが重要だと感じています。お客様はこう思っているんじゃないか、興味を持ってくれていないんじゃないかと考えると、聞きたいことが聞けず、提案したいことが提案できなくなってしまいます。相手から返ってくる些細なお返事が大きく物事を前進させることもあるんです。なので、どんな言葉が返ってきても耐える覚悟をして、話したいように話して、言いたいように言ってもらう。そんな、話しやすい関係性と雰囲気を作るようにしています。

最近は、入社した当時から性格が大きく変わったなと感じるようになりました。昔は緊張しいで口数も少なく、頭も表情も硬かったと思います。今は、なにかとおしゃべりになりました。きっかけはおそらく、後輩をもつタイミングだと思います。困ったことや悩んでいることを何でも打ち明けて貰える様な頼られる先輩になりたいと思い、社内でもできるだけオープンであること、物腰の柔らかい人間であることを心がけています

  • 関 恭裕 Yasuhiro Seki
  • 営業本部 クラウド戦略グループ
    コンサルタント ソリューションアーキテクト
    2012年入社

INTERVIEW





このページをシェア

CONTACT