分からないからそれを隠すのでは無くて、
お客さんに対しても社内に対しても素直に聞ける関係を
つくることが大切だと思っています。

INTERVIEW

2014年入社
営業本部 クラウド戦略2グループ
ソリューションアーキテクト

芦友恵 Tomoe Ashi

歯科助手からITの営業へ転身。
IT未経験でも活躍できる環境。

前職は、歯科助手の仕事をしていました。しかし、実際に歯科助手になってみるとルーチン作業が多く、他の仕事にチャレンジしてみたいと思うようになりました。そんな時に、歯科に来ている営業さんの元気があふれていて、生き生きと働いている姿を見て、そんな営業を自分もしてみたいなと思い、業界問わず営業職で転職先を探し始めました。

最終的にスカイアーチに決めた理由は、明るく活発な会社の雰囲気と初心者でも採用してくれる会社の体制が決め手でした。正直、ITはどちらかと言うと苦手で抵抗はありました。ですので、面接の時には初心者であることは包み隠さずお話ししました。不安もありましたが、活躍している社員のほとんどの方が未経験からスタートしており、チャレンジする気があれば経験は問わないと言っていただけたので、ここでチャレンジしてみようと思いました。

コツコツと育ててきた案件が初めて受注した時のことは今でも忘れられません。

今は、営業本部で大手SIerを担当しています。大手SIerに対して、従来のコンサルティングやシステム設計に、クラウドの導入と運用の部分もソリューションに加える提案をしています。大手SIerから案件のご相談をいただけるようになるまでは大変でした。これまで訪問したことがあったご担当者様や展示会などで出会った方にアプローチし、他部署の方を紹介していただいて、少しずつ窓口を増やしていきました。増えた窓口に対して、新サービスや新しい導入事例のご紹介等を定期的に行っていく地道な活動を続け、ようやく案件のご相談をいただけるようになりました。種まきをしてコツコツと育ててきた案件が初めて受注した時のことは今でも忘れられません。

知らないことに恐れずにチャレンジすることが
変化の速いIT業界で営業をする上で大切。

苦手なITをどのように克服してきたかについては、入社してから同じ営業チームの方からフォローがあったので、仕事の一連の流れを理解すれば、あまり抵抗なく覚えることが出来ました。まずは、自分に知識が無いことを受け入れて、気軽に聞ける関係を作っていきました。下手に分からないからといってそれを隠すのでは無くて、お客さんに対しても社内に対しても素直に聞ける関係性をつくることが大切だと思っています。ただし、次に同じことをきかないように1度聞いたら必ず覚えるということがポイントですね。

今も、新しいサービスが登場したり、機能が追加されたり、とても変化が早いので、お客様に時代に合ったご提案が出来るように、常に情報収集は欠かせません。やはり、実際に案件に関わると知識の吸収量が違います。提案の幅を広げるためにも、恐れずに案件をどんどん増やしで自分の経験値を上げていきたいです。

  • 芦友恵 Tomoe Ashi
  • 営業本部 クラウド戦略2グループ
    ソリューションアーキテクト
    2014年入社

INTERVIEW





このページをシェア

CONTACT