お客様に、本気で寄り添うこと。
スカイアーチの営業にとって、一番大切なスタンスです。

INTERVIEW

2013年入社
営業本部 パートナーアライアンスグループ
コンサルタント ソリューションアーキテクト

浅尾 元 Asao Gen

営業とエンジニアが
一丸となるからこそ、
信頼を勝ち取れる。

スカイアーチに入社して4年、営業としてキャリアを積んできました。これまでで一番印象に残っている仕事は、社会人2年目の夏に担当した大阪で予備校を運営する会社の案件。授業を動画で配信するサービスを展開しているのですが、サーバー管理者の方が病気で倒れてしまって、助けてほしいとご相談を頂きました。その日のうちに、社長とエンジニアリーダーと3人で大阪に飛び、方針を固め、運用保守をお任せ頂けることに。とりあえずの対処法ではなく、お客様のビジネスをしっかり把握した上での提案、お客様のシステムの知識に合わせたフォロー体制。スカイアーチのスローガン「あなたの側で、あなた以上に考える」を肌で感じた貴重な経験でした。当時、僕は話についていくので精一杯でしたが、ここで学んだスピード感やお客様のためを思って本気で考えるというスタンスは、今の僕の営業の核となっています。 スカイアーチはお客様にどれだけ寄り添えているかを重視する会社です。僕が大切にしていることは、「エンジニアもお客様先に連れていく」ということ。もちろん技術的なすり合わせをするという目的もありますが、直接顔を見て会話をすることで人柄も伝わりますし、安心して任せてもらえると思います。エンジニアとの距離の近さも、スカイアーチの強みの一つ。エンジニアとの関係性を築けていると、専門知識も学べますし、技術の相談も気軽にできます。それが結果として、お客様からの信頼を得て、次の仕事に繋がっていると思います。

大切なのは、自ら手を挙げること。
経験の中で学べることがたくさんある。

就活をはじめた当初はIT業界への就職は頭の片隅にもありませんでした。しかし、縁あってスカイアーチに出合い、形のないサービスを扱うのも面白そうだなと興味が湧きました。何より、働いている先輩が生き生きして魅力的だった。僕もこんな風に働きたい、活躍したいと思ったのが入社を決意した1番の決め手になりました。 社員は現在100名近い。ワンフロアに全員が収まる人数で、社長やマネージャーとの距離も近い。新人でも意欲を見せれば、責任ある仕事もポジションも任せてくれる環境がすごくありがたいですね。実際に今担当しているAWSも自ら手を挙げて任せてもらいました。マーケットプレイスのビジネススキームをつくって、面白そうなソフトウェアを開発するお客様にアプローチしたり、外部パートナーと一緒に新たなサービスを作ったり。これが軌道に乗れば、会社の売上にも大きく繋がります。会社の重要な戦略の1つなので責任重大ですが、その分やりがいも大きくて、すごく楽しいです。同時に、中国・大連にあるオフィスの担当もしています。これも忘年会の席で、自ら社長に「やりたいです!」と直談判したことが発端。現在、3年で売上を伸ばすビジネスプランを立てて実践しています。AWSや大連のプロジェクトに加え、通常の営業活動に納品管理。怒涛の毎日で大変なこともありますが、営業としての結果も残しつつ、新しい挑戦も積極的にしていきたいです。

技術の知識を深め、
新しいビジネスを生み出していく。

最近になって、ようやく一人で、課題をヒアリングし、技術の人を巻き込んで提案するまでをできるようになりました。お客様のビジネスを理解した上で考えた最良な提案で受注できたときは、達成感があって気持ちいいですね。一方で、今はまだ自社の既存サービスを提案することしかできていないので、いずれはビジネスやサービスを作ることにも挑戦していきたい。AWSと自社サービスとをコラボさせて、大規模なビジネスを生み出すこともできたらいいなと思っています。それを叶えるために、いま努力しているのは、技術の知識を蓄えること。この業界はスピードが速く、常に勉強していないとすぐに取り残されてしまうので、日々、専門知識を深めながら技術もわかる営業へと成長していきたいです。

  • 浅尾 元 Asao Gen
  • 営業本部 パートナーアライアンスグループ
    コンサルタント ソリューションアーキテクト
    2013年入社

INTERVIEW



CONTACT