品質保証室

お客様が安心して利用できるサービスを提供するために

ミスの撲滅

「お客様との信頼関係を生み、課題をともに考え、コーディネートする」

当社においてもさまざまな原因によってミスが発生します。その中でもヒューマンエラーによる ミスがほとんどを占めていますが、ヒューマンエラーをゼロにするのは困難です。しかし 「ゼロを目指して活動する」ということは、とても大切なことです。 そのため、品質保証室では、ヒューマンエラーの原因を探るため当事者からヒアリングをしたり、 その内容から原因を分析し、対策を検討し、ルール化することで再発を防ぐ業務をしています。 また、ルールが守られているか監査する活動も取り入れ、ヒューマンエラーゼロを目指しています。

品質の保証

当社では品質の保証として、設定通知書チェックと一ヶ月点検を行っております。 設定通知書チェックは、設定通知書に記載されている内容が、お客様からの注文内容と本当に 一致しているのか、設定通知書の記載内容と実際のサーバの設定が一致しているか、さらにお客様が 見やすいものとなっているか等の観点で、チェックをすることです。 ※設定通知書とは、お客様にサーバを納品する際、設定内容の詳細を記載した納品物のことです。 品質保証室では、その設定通知書をお客様にお渡しする前の最終段階のチェックを実施しております。 第三者目線でチェックを実施し、正確な納品を行えるように努めております。 一ヶ月点検は、設定通知書チェックから一ヶ月後に、再点検をすることです。 品質保証室では、この一か月点検を実施しております。バックアップや監視が正常に設定されて いるかを改めて確認すること、また、納品時にお客様と調整中であった事項についての進捗は あったか等の観点で、漏れのないように二重にチェックしております。

INTERVIEW



CONTACT