採用するだけではなく自分が採用に携わった方が入社され、お客さまからお褒めいただいたり、紆余曲折しながらも成長していく様子を見守ることが出来るので、人事の仕事には凄くやりがいがあります。

INTERVIEW

2014年入社
管理本部 総務人事グループ

結城 千愛 Chia Yuuki

教育という軸で仕事を選び、これまでの経験が活きている

スカイアーチに入社する前は、予備校で営業・企画を担当していました。仕事の内容としては、都内の高校に模試・教材・講師派遣の営業や学校の先生を対象にしたイベントなどの企画をしていました。人と話すことがもともと好きだったので、やりがいを持って楽しみながら仕事をしていました。

今、専門学校での採用説明会で物おじせずに対応できていたり、社内外問わず沢山の人と関わっていて、前職で営業を経験して身に付いたスキルが活きていると感じます。あとは、予備校で働いていたので履歴書を確認する時に、学校の名前を見てなんとなく雰囲気が想像出来たりもします。その辺りは予備校ならではなのかなと思っています。

見よう見まねで始まった採用活動、面接の回を重ねるごとに奥深さを知る

入社して最初の仕事は、第二新卒の採用でした。まずは、募集をかけて面接をセッティングするところからスタートしました。最初はこの業界への知識もなかったので、上司の説明を聞きながら見よう見まねでした。

実際に面接をやってみると、面接を受ける方は、不安に思っていることをなかなか質問できなかったりします。面接では、なるべくミスマッチが無いように相手の思いを汲み取ることを大切にしています。面接フロー通りの事務処理ではなく、その人に合ったヒアリングを心がけて不安があればその解消をするようにしています。最初は先入観で相手を見てしまいがちでしたが、もしかしたら緊張しているのかもしれないとか、面接の回数をこなすうちに、色んな角度から見られるようになりました。

採用してからの成長を見守り支えていきたい

エンジニアの適性を見ることが今の課題だと思っています。相手のこういうところを活かせるのではないかとか、この人にはマネジメント能力があるとか、ITIL等の資格をとってエンジニアがどんな仕事をしているのか理解をもっと深めていきたいと思っています。採用についての正解はまだ分からないです。

良いと思って採用しても、退職してしまったりもすることもあります。でも、自分の採用した新卒の社員が月間MVPやお客様からお褒めの言葉をいただいたて活躍している様子を見ると、採用して良かったとやりがいを感じます。

採用して終わるのではなくて、お客さまからお褒めをいただいたり、紆余曲折しながらも成長していく様子見守ることが出来るので、人事の仕事には凄くやりがいがあります。

採用の奥深さを知りつつ、最近は社員の研修にも興味を持ち始めていて、入社してから成長するフォローをもっとできたらいいなと思っています。今後はコーチングなども取り入れて、採用後の研修内容を積極的に改善していきたいと考えています。

  • 結城 千愛 Chia Yuuki
  • 総務人事グループ 採用担当
    管理本部 総務人事グループ所属
    教育機関で全国法人営業を経験。
    2014年入社

INTERVIEW





このページをシェア