課題を解決することで積み重ねる小さな信頼、
そのひとつひとつが嬉しい。

INTERVIEW

2017年入社
管理本部 総務人事グループ

山下光臣 Mitsuomi Yamashita

組織に育ててもらったからこそ組織に貢献したい

学生の頃は都市計画に関わる技術職を志望していましたが、住宅関連の会社の営業職でキャリアをスタートしました。営業のノウハウを教えて貰えるものだと思って入ったら、「新人は『キャラ」で売れ!」といきなり営業センスを求められる職場で、それまで周りに合わせるタイプだった自分をどうアピールしたら良いかわからず悩んでいました。しかし、入社後1年くらい経った頃にちょうど設計部の積算という技術職のポジションに欠員がでることになり、周りの方からの推薦もあって、異動することができました。

建築の勉強は社会人になってから始めましたが、最初の上司が「『キャラ』だけで出来ないことまで約束して売られると、後で困る(笑)。最低限のことを勉強してから接客しろ。」と言って勉強する時間を沢山いただけていたので、異動後の業務にも早く馴染むことが出来ました。営業から外れたことを情けなく思う半面、先輩方を見返したいという気持ちから、営業を支援して組織に貢献しようと考え、営業の代わりに社内への根回しや業者との交渉をしていました。

しかし、続けるうちにベテラン社員からも頼られるようになり、周りの社員のために働くことにやりがいを感じるようになって、「自分がこの仕事を出来るのは組織に育てていただいたからだ」ということに気付きました。転職してからも、その気付きを大事にしたいと思い、数社で購買、総務や労務といった業務を経験しました。

スカイアーチの募集を見た時は、「あなたの側で、あなた以上に考える。」というスローガンにこれまでの自分の考えに通じるものを感じました。最初に面接していただいた高橋専務から会社が抱えている課題やワクワクするような会社の将来の話を伺ったとき、専務の会社への一生懸命さを感じ、私も一緒に頑張らせていただきたいと思いました。

実際に入社してみると、自分の想像以上にフラットな人間関係に驚きました。役員と若い社員が気軽に趣味の話や冗談を言い合えるような関係だったからですが、お客様への対応を早くするため、役員が率先して社内のコミュニケーションを良くする雰囲気づくりをしてくださっていたんです。会社の規模が大きくなってきたので、これからは社員自らの力で組織を活性化させられる会社を育てていきたいと考えています。

社員ひとりひとりに向き合うことでより良い組織にしていきたい

今、スカイアーチの総務では、社員が長く働き続けられるように、規定や制度等の見直しをしています。育児や介護をしながらでも働けるように、新たにリモートワーク制度の準備もしているところです。総務の仕事は、経営と現場を繋いで会社の目指す姿の実現を手助けする仕事ですが、会社全体に関わる大きな取り組みから、個人のプライバシーに関わるような繊細な対応まで様々あるので、会社全体を見渡す視点を持つことと、社員のみなさんと公平公正に向き合うことを大切にしています。社員ひとりひとりに異なる考え方や事情があるので、社員の気持ちを一つにして組織の力を発揮するためには、個人レベルの課題をきちんと解決して小さな信頼を積み重ねることが大切だと考えています。

一方、これからスカイアーチに入社される方には、「あなたの側で、あなた以上に考える。」というスローガンの実践を心掛けていただきたいですね。これまで当社の社員はお客様への細やかな気配りをして「スカイアーチらしい社員だね、任せて良かった。」と信頼していただくことで会社を成長させることができたからです。新卒で入社される方であれば、「ご家族のためにどんなことが出来ると思いますか」なんてところから考え始めると良い練習になるかもしれませんね。

  • 山下光臣 Mitsuomi Yamashita
  • 管理本部 総務人事グループ
    2017年入社

INTERVIEW





このページをシェア