営業本部 関 恭裕

INTERVIEW

海の生き物の研究をしていたあがり症の大学生が、IT業界へ挑み、営業リーダー職へ成長。かけ離れていた世界だからこそ”Challenge”を

関 恭裕

2012年入社
営業本部 アカウントセールス1課 リーダー
コンサルタント ソリューションアーキテクト

-Challenge-別世界から挑んだITの世界
かけ離れて世界だからこそ、喜びを提供できたら面白い

所属している営業本部ではクラウドサービスを基軸としたお客様へのビジネスプランの提案を行うのですが、私が今担当しているのは、Sierやキャリアなどエンタープライズ系企業のアカウントを取得するアカウントセールスのカテゴリーです。お客様がどのような事業計画を立てているのか、事業を束ねるキーマンにヒアリングした上で、スカイアーチがどんなお手伝いができるかを提案します。

僕は新卒でスカイアーチに入社したのですが、大学での専攻は生物系で、海の生き物の生態や環境を勉強していました。今とは全く別の次元ですね。就職活動で色んな企業を受ける中で、これまで出会わなかったモノばかりのITの領域に対して、自分とかけ離れているからこそ、分からない部分を理解して、それを売り、喜びを提供できたら面白いだろうなと思うようになりました。あとは、IT業界は目まぐるしく変化する世界なので、変化に富んだ場で働くのは楽しいだろうというのも、この世界に挑んだ理由です。

全くの初心者で入社したので、入って間もない頃は、とにかく勉強の日々でした。ITやサーバーの基礎知識を得るには、1、2年はかかったと思います。幸い僕の場合は、エンジニアさんと一緒に実際にサーバーに接続して中身を構築する体験をさせていただいて、それが全体像や雰囲気を捉えられるきっかけになりました。営業は、サービスがどういう働きをするか理解した上で、かみ砕いて伝えなければいけないので、当時実際の構造を見られたのは、今にも活きていている貴重な経験です。

-honesty-誠意ある対応でお客様と本音を語り合える関係性を創り出す
「いい仕事をできている」と思える瞬間

お客様に誠意をもって接すること-honesty-は我々のバリューの1つですが、そのhonestyをベースとしながら、僕なりのその先の行動として、お客さまと本音で対話できる環境・雰囲気作りというのは意識しています。お客様の中には上層部の方もいれば同年代の方もいらっしゃいますが、皆さんと仲良くなれて、他愛もない会話から「こういうことがやってみたい!」という想いまで、本音で語り合えるようになると「いい仕事できてるな」と感じます。オープンマインドというか、こちらも心を開くことで相手も心を開いてくれて、そうやって意思疎通ができるタイミングが生まれるほど、お互いの信頼性が成り立っていく。そういう関係性が築けてこそ、悩みの本質が引き出せて提案がスムーズになりますし、最終的に提案が実現したときに、お客様から「助かったよ」「ありがとう」と言われると、大きなやりがいを感じます。

-Teamwork-チームの連携に助けられるとき
相手のスキルや波長のあう人をアサインできるチーム

僕にできないことはチームの皆さんに協力してもらいながら、その人に合ったコミュニケーションの取り方を選択することも重視しています。例えば、お客様がエンジニアの場合、僕が概要や雰囲気だけを話していても伝わらないので、チームのエンジニアに一緒に来てもらい、会話を進めてもらいます。職種に限らず性格面でも相性はあって、僕は比較的楽観的で前のめりに動くタイプなのですが、慎重に進めたい人もいる。その人に合ったやり方を、波長の合う人同士で進める方がスムーズですし、お互いに気持ちよく進められます。適した人のアサインは大切にしているポイントで、チームワークの良いスカイアーチだからこそ出来ることだと思います。

ここまでの成長と今後の目標

あがり症が克服できたのは、汗だくになって試行錯誤したお客様との会話の積み重ね
僕はもともとすごくあがり症で、入社当初は人前で何てしゃべったらいいか分からないし、話すとすぐ顔が赤くなるタイプでした。今でも顔が赤くなるのは変わらないのですが、人前に出た時にどうしたらいいか分からない!と慌てる状況は減りましたね。お客様と話す機会をたくさんいただいて、色んなタイプの方とコミュニケーションを交わす中で、こういう時はこんな風に話せばいいのかとか、そういったスキルが身に付いて、苦手を克服できたのだと思います。会話の仕方にマニュアルを用意している訳ではありませんが、伝わっていないなと感じたら話し方やアプローチを変えみたり、試行錯誤しながらやっています。過去には汗だくになりながら話した時もありましたが、そういう経験が何度もあったからこそ、今自信をもって話せているのだと思います。

リーダー職としての目標を立てつつ、会社をよい方向に変えていくために一役買いたい

この4月からリーダー職位になり、所属しているチームの予算や業務の管理も役割として任されているので、難しさを感じながら日々取り組んでいます。リーダー職をやっていく中で、若いメンバーや自分よりも年次が上の人たちの潤滑油になりたい。どちらもストレスを感じずに仕事ができる環境を作りたいという目標があります。ただ一方で、それぞれ考えていることは違い、時には反発し合ってしまうこともある。そういう時に、これまでは強く言えるタイプではありませんでしたが、納得できる説明をした上で、適格な判断や指示を出せるようになりたいですね。上からも下からも、こいつが引っ張ってくれるから大丈夫と頼られる存在になりたいです。

また、新卒としてこれだけ会社にお世話になっているので、会社をよい方向に変えていくための動きにもチャレンジしたいです。7年間いる中でも、扱うサービスや関わっているベンダーさんは大きく変化しています。それに対して会社としてはどう変わるべきかというのを、上の方々が悩みながら進められているのを見てきたので、そこに一役買いたい。新卒からいるメンバーとしてそこを期待されている自覚もあるので、その期待に応えたいと思います。

スカイアーチは、あなたを待っています。

ENTRY
LINEで送る